FC2ブログ

V.O.D.G日本代表

これから日本はどうあるべきかを真剣に考えてみました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

知られざる日本 第三章

今日も続きまして親日家について

昨日はアラブ、アジアの親日家起源について書きましたが、その中で、代表的な親日国が2つあります。

皆さんご存知かと思いますが『台湾』『パラオ』でございます

この2国は親日を語る上で外す事のできない国々です

『台湾』は日本人にも馴染み深い『国』ですのでご存知かと思いますがさかのぼること日清戦争の頃、

日本の安全保障上の問題もあり朝鮮半島を清国から独立させる為に戦った日清戦争に勝利した日本は、
その後の条約により台湾を領有し、台湾は日本国となりました。

もちろん台湾はその時代まだ未開の地でしたので、日本は巨額の予算を割いて各種インフラを整備し、教育、医療、産業、そして今も残る巨大潅漑水路を作り(五千円札の新渡部稲造)米の生産を飛躍的に伸ばしました。

その日本人の献身的に働く姿、勤勉さ、律儀さ、真面目さに共感した台湾人は日本精神(リップンチェンシン)を見出だし、今尚台湾人の間に受け継がれています。

今でも日本時代を経験した老人は日本人を見ると日本語で懐かしそうに昔話をしてくれたりと、日本人との心の繋がりはかなり根深いものとなっている様です。

同じ統治を経験し、台湾人よりも優遇されていた朝鮮は世界一の反日国ですが、話が反れますので機会があればまた書きたいと思います。

そして第二次大戦(台湾からも多くの志願兵が共に戦いました。特に高砂義勇兵は勇猛で敵国を震え上がらせました)に破れた日本は台湾の領有権を失いますが、
その後内戦に破れ台湾に逃げ込んできた中国国民党の酷さに絶望し、その事もあり、台湾人の中で日本人は特別な存在へとなっていったようです。


次にパラオですが、
パラオに関しましては、リンク先の『日本と日本人の~』ブログに多くの記事が掲載されています。
私の拙い文よりわかりやすく詳しく書かれていますのでそちらを是非お読み下さい。
(決して面倒臭い等という理由ではございません笑)

特にペリリュー島とパラオ国旗の話は必見です


他にも大戦後、1番に国交回復したメキシコ、
 かつての同盟国であったドイツ(日本はドイツ史上唯一、最後まで裏切らなかった同盟国だそうで)、
最近のODAに深い感謝を示してくれているアフリカ諸国、

等など、理由、時期は違えど世界中に日本ファンを持つ国『日本』

これからの日本を背負って立つ皆様には是非知っておいて頂きたいと思います。

知った上で考える事はたくさんありますので次回はその辺りを書いていきたいと思います。


最後までありがとうございました。


クリックで応援お願い致します
↓↓↓↓↓↓↓↓
FC2 Blog Ranking
  1. 2008/04/09(水) 02:57:26|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<知られざる日本 最終章 | ホーム | 知られざる日本 第二章>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://vodg.blog45.fc2.com/tb.php/9-9f92586c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。