FC2ブログ

V.O.D.G日本代表

これから日本はどうあるべきかを真剣に考えてみました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

知られざる日本 第一章

日本、日本人は世界の人々からどういうイメージで見られているんでしょうか?

私達、日本人からすると世界第二位の経済力を持つお金持ちな国であるとか、世界で1番治安の良い国であるとか、アニメ、漫画などのサブカルチャーなど
誇れる所ではありますが、外国人から見た日本人のイメージはどうなんでしょうか?

今回そんな事を調べていると、ある事に気がつきました。

まずは日本が好きな人『親日家』が多い国をあげてみましょう。(これは国民レベルでの事で政府の政策とは必ずしも一致しないという事を理解して下さい。)

パラオ 台湾 エジプト イラク トルコ インド パキスタン シリア サウジアラビア インドネシア リビア オマーン イラン フィンランド スウェーデン ノルウェー ポーランド クウェート モンゴル ベトナム アラブ タイ ヨルダン クロアチア フィリピン マレーシア バングラディッシュ ドイツ ウクライナ ハンガリー 南アフリカ シンガポール etc.

だいたい思い付く所をざっと挙げてみましたが書き漏れ、知らない国などまだまだあるでしょう。

洋の東西、宗教、国家主義などを問わず世界中に親日家の多い国を持つ冗談のような国、日本。
私はこのような国を他に知りません。

次にそれらの国々の人々が親日家となった原因を地域、国ごとに分析します。
彼らは何となく日本に好感を持っているのではありません。
ただ金持ちだというだけの理由でもありません。それぞれに確固たる原因となった出来事があったのです。

まずはトルコ。トルコの親日ぶりは有名ですね。日露戦争時代以前にまでさかのぼります。有名なのはエルトゥ-ルル号の遭難等があります。
紀伊沖で水蒸気爆発を起こし沈没したエルトゥ-ルル号のオスマン帝国海軍乗組員を地元住民が総出で救出し保護、看護しました。これがトルコ本国で大きく報道され広く知られるようになりました。
他にも座礁したトルコ海軍船を当時敵対していた大日本帝国海軍(乃木将軍)が救出した事などあり、トルコ人は日本人にとても親近感を感じるようになったようです。

次にトルコを含む東欧地域の国々。
ここは当時、増長を続けるロシア帝国との国境を有する国々で、ロシア帝国の侵略を止められずにいた所、
日露戦争で当時は貧弱国であった日本が強大国ロシアを破り、一命を取り留めたという歴史があり、嬉しい事にそれらを人々が語り継ぎ、現在では薄れはするものの好感は残っているそうです。

今日はここまで

最後までありがとうございました。

クリックで応援お願い致します
↓↓↓↓↓↓↓↓
FC2 Blog Ranking
  1. 2008/04/07(月) 00:52:20|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<知られざる日本 第二章 | ホーム | 命の比重>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://vodg.blog45.fc2.com/tb.php/7-feeb1809
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。