FC2ブログ

V.O.D.G日本代表

これから日本はどうあるべきかを真剣に考えてみました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

桜と大人と子供たち

春ですねぇ。 ふと気付けば桜は目一杯満開で街を華やかに彩ってくれ、味気ないコンクリートジャングルに遠慮がちに『日本』を演出してくれているんですよねぇ

晴れの日なんかは思わず、
『貴様と俺~と~は~』

と口ずさんでしまう私は、桜と言えばまず特攻隊を思い出してしまうんですよね

特攻兵は胸に桜の枝を挿し出撃していったみたいで

 祖国に殉じた彼らは今のこの(表向きは)平和な日本の綺麗な桜を眺めながら、今も尚、我々を見守ってくれているんでしょうか?

そうであって欲しいと切に願う著者ですが、

 さて、 大人達はよく

『今の若いもんは…』

等といっぱしの大人ぶって偉そうに言いやがってらっしゃいますが、とんでもない。
今の若い子たちは、今の大人よりもよっぽどよくできていますよ。

そりゃもちろんなってない子も少なからずいます。
しかし今の大人達の駄目っぷりに比べれば随分可愛いもんですよ。

 最近、私バスや電車に乗る機会がよくあるのですが、子供達に感心する事がよくあります。

例えば、バスに乗っていた女子高生が降り際に運転手さんに
『ありがとうございました』の一言。
特別な光景ではなく、しばしば見かける光景です。

もちろん大人が言っているのは聞いた事がありませんが。

例えば、電車に乗っていた男子中学生数人が乗ってきた老人に一斉に席を譲り、大人は寝た振り。
それどころかペットボトルのゴミを座席の下に捨てるおばさん、
新聞紙を網棚にわざと忘れるおじさん。

 一体、大人達のマナーやモラルはどこにあるのでしょうか?

大人がこれでは民主主義が育つはずもありません。

選挙投票率の低さが全てを物語っているように感じます。
ごく身近な公共への関心、責任すら持てないんですからもっと大きな自治体、国規模の公共への関心、責任など持てるはずもありません。

60年前に二十歳そこそこの青年達が国の為に命を捧げてまで守ろうとした。
その末路がこれではあんまりです。

貴方たちは彼らに顔向けができますか?
私達は一体、どんな顔して会えばいいのでしょう?

今の子供達に全てを投げだしますか?

これを機に何かを感じて頂けたら幸いです。

彼らが笑顔で安心して見守っていられる社会を作りたいものです。


長文、最後までありがとうございます。

ついでにクリックお願いします。
↓↓↓↓

クリックで応援お願い致します
↓↓↓↓↓↓↓↓
FC2 Blog Ranking
  1. 2008/04/03(木) 22:11:04|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<経済制裁のススメ | ホーム | 新脱亜論>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://vodg.blog45.fc2.com/tb.php/4-cb511e66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。