FC2ブログ

V.O.D.G日本代表

これから日本はどうあるべきかを真剣に考えてみました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

新脱亜論

 今年も英国のBBCが世界各国の影響について世論調査を行った様で、(今年は何故か読売新聞と共同調査だったみたいですが)

我が国日本は調査開始以来3年連続で世界に良い影響を与えている国一位を獲得したそうな

 今年はカナダ、EU共に支持率を落とし、ドイツが日本と並びトップに上がってきました。

 悪い影響を与えているというのもドイツに次いで下から2位を獲得
反日国である特亜の3バカ(中韓朝)だけが日本は悪い影響を与えているが50%を越える結果で
おそらく特亜がなければドイツを上回った事でしょうに…
こんな事でさえ日本の足を引っ張り続ける特亜の3バカ、こんな国々を隣国に持つ日本は『隣国に恵まれない国』ランキングは世界で断トツ1位だろうなぁ…としみじみ思う私です。

思えばおよそ100年前、かの福沢諭吉が『脱亜論』なるものを発表しました。

内容を簡単に説明いたしますと、
 中国、朝鮮は現実を見ずにどんどん変わって行く世界情勢の中で近代化しようともせず、自分達が1番偉いと威張りちらしているだけで1000年前から少しも変わっていない
泥棒の片棒を担ぐとこちらまで泥棒と思われてしまう。 日本は亜細亜を脱し、欧米諸国と付き合うべきである。と
100年も前に今より格段に情報の少ない中、本質に気付いていた福沢諭吉には本当に驚きです。

そもそも亜細亜と言う枠組み自体、白人達の概念であり、日本がその枠に囚われ、足を引っ張られ続けなければならない謂れは何一つありません。

日本は言わずもがな海洋国家であり、民主主義国家であり自由を愛する国です。

 そして、所謂、亜細亜にもそうした同じ価値観を持つ国々は数多くありますし、環太平洋地域にも同じく数多くあります。

小泉-安倍政権(麻生外省)で築いた『自由と繁栄の孤』構想がまさにそれらの国々との連携ですが、
何を考えているのか、媚中福田政権は今年の外交青書でそれらを削除してしまいました。

まさに100年越しの今後の日本の運命を左右する大事な構想を福田首相は自らの利益の為に無かった事にしてしまいました。

今後、もう一度立ち上げるにも、日本は各国の信用を大きく損なう事になるでしょう。

これ以上、迷走を繰り返す事のない様、国民はしっかり政治参加し見張っておく必要があるのですが、
悲しい事に我が国日本では難しいようで、その事については後日また書きたいと思います。

長文、最後まで読んで頂きありがとうございます


ついでにクリックお願いします
↓↓↓↓

クリックで応援お願い致します
↓↓↓↓↓↓↓↓
FC2 Blog Ranking
  1. 2008/04/03(木) 02:28:58|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<桜と大人と子供たち | ホーム | 価値観について>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://vodg.blog45.fc2.com/tb.php/3-e8c35fb4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。