FC2ブログ

V.O.D.G日本代表

これから日本はどうあるべきかを真剣に考えてみました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

日本とロシア ③

さて、前回の続きです。

ロシアの極東地域の開発は日本にとっても有益であるんですが、

だからと言って、すんなり進めてしまうようであれば日本の政治家や外務省役人はどうしようもない無能集団としか言いようがありません。

ロシアは現状のままで経済成長を続けた場合、あと数年で著しい電力不足に見舞われる事が確実視されています。

 これを克服するには2020年までに発電能力を現状の1.6倍にまで高める必要があるんですが、
そのためロシアはインフラ整備を最優先させる様です。

そしてその電力改革の一環として、総電力に占める原子力発電の割合を大幅に引き上げる計画をだしていますが、

現在、世界の原子力プラント建設市場で主導的立場にある企業、企業連合は

①東芝-米WH
②三菱重工-仏アレバ
③日立製作所-米GE

と日本企業が占めていますので否応なしに日本と協力せざるを得ません

つまりロシアの極東地域の開発によって日本は同時に鉄道、原子力技術の二枚の外交カードを得る事が出来る訳です。

この二枚の外交カードは日本の安全保障にも北方領土の返還にもかなり優位に活用できるんじゃないでしょうか?

もちろんこれで全てを解決出来るはずはありませんが、両国間にとって大きな進展となるのは確かでしょう。

これに関しては日本政府の動向に注目したいと思います。


そしてもう一つ。
今現在ロシアでは、日本ブランドが確立しつつあるようです。

また、意外にもロシアには親日家が大勢存在します。

これらはビジネスをする上でこれ以上ない好条件となります。

対して同じBRICsに分類されている中国は、人口だけは多いですが、
実体は7割以上の人々は貧困層であると言われていますし、
韓国と並ぶ、世界に限られた強烈な反日国家です。

 また、法治国家でもありませんし、賄賂政治の横行する人治国家です。

 これは、日本企業がビジネスをする上で最悪な条件と言わざるを得ません。

実際、日本企業に対し、不当な融資拒否や、財産没収等が横行しています。

また、毒入り餃子や毒入りTシャツ、毒入り医療薬など世界中で被害の出ている中、MADE IN CHINAであるだけで相当なリスクを背負わなければなりません。

その中で、日本企業の生産代替地として他のアジア諸国と供にロシアの名前が上がってきています。

前回書きました通り、トヨタが先駆けてサンクトペテルブルクに工場を建設し、他の企業もそれに追随するようにロシア入りを果たしています。

ロシアは民主国家として生まれ変わり、経済も安定して伸びる事が予想できる上、
欧州へ輸出する時の生産拠点として地理的にも対応できると言うメリットがあります。

シベリア鉄道の再整備が完了すればその流れはもっと顕在化するんじゃないでしょうか?

日本企業は欧州のマーケットで他の国々に遅れをとっている状況ですので、これをひっくり返す重要な起点にも成り得る可能性を秘めています。

これらの理由から、これからの日本にとってロシアはビジネスパートナーとして重要な役割を果たす国と言えるのではないでしょうか。

今日はここまで。



クリックで応援お願い致します
↓↓↓↓↓↓↓↓
FC2 Blog Ranking
  1. 2008/04/24(木) 02:03:58|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
| ホーム | 日本とロシア ②>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://vodg.blog45.fc2.com/tb.php/19-376b01e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。